式場の相場

結婚式場の現在の平均金額、安く済ませるには

結婚式を挙げる上でまず考えなければいけないのは結婚式場の費用です。 現在の結婚式場の費用総額は約300万と、やや高めになっています。かといってその費用分を用意しなければいけない訳ではなく、ご祝儀もありますので金額全部自分達でということはありません。 また貯金がなくても安価で行える結婚式もあります。こういった場合はドレスの持ち込みが可能で無料となっていたり、その会社と提携しているお店では通常よりも安い価格でレンタルすることができます。カウンセリングも無料となっているので悩んでいるという方は1度行ってみると良いでしょう。 その他、真夏と真冬、仏滅、平日等に行うことで通常よりも安く行うことができるため、こういった日に行う方も増えてきています。

結婚式はどのようにして広まったのか

結婚式は江戸から戦前にはなく、祝言というお披露目の会があるだけでした。 明治の中頃に神前式が誕生し、こういった儀式が全国的に広まっていったと言われています。 1960年代に公共施設、ホテル等で結婚式を挙げる方が増え、1970年代には大型の結婚式場が増えていったのです。バブル期は派手な結婚式が多くなりテレビ等では結婚式のCMが流れたりし始めました。結婚費用も今よりもだいぶ高額な費用をかけてやる方が多くいました。 バブル崩壊時には崩壊前よりも金額は落ち着き、1990年代には結婚式場等が載っている雑誌が発行されました。この雑誌が発売されたことにより結婚式場をより選ぶことができるようになったり、プラン等が立てやすくなったのです。